最新式の施術方法|目の下のたるみ取りで若さが蘇る

ドクター

夏の終わりのスキンケア

女性

夏の終わりは肌が紫外線のダメージを受けてとても弱り、放っておくとしわの原因となります。そこで、しわになる前のリセットケアをすることで予防することができます。紫外線で肌が赤くなる体質の人や、身体が冷えがちな人は肌ダメージを受けやすいので気を付けましょう。

View Detail

ほくろは除去できる

女の人

いつの間にか増えているほくろは紫外線や妊娠などによる女性ホルモンの増加が要因となっています。一度増えてしまったほくろはほとんど消えることがないので、気になる場合は美容整形外科で切開法・レーザー・美容クリームなどによるほくろ除去の施術を受けてみましょう。

View Detail

眉間のしわを改善

注射

ボトックス注射は筋肉を動かす命令をブロックする効果があります。なので、怒った時に眉間にしわを寄せやすい人や笑った時に目尻にしわができやすい人に向いています。ボトックス注射は個人でも購入できますが、不要なトラブルを招かないためにもきちんとしたクリニックで受けることをおススメします。

View Detail

若々しい目元にする治療

微笑む女性

3種類の方法

美容外科での目の下のたるみ取りは、大きく分けて3通りの方法でおこなわれています。まずは、目の下の皮膚を切り取った上で、引っ張り上げて縫合するという治療です。これにより皮膚が垂れ下がりにくくなれば、たるみが解消されるのです。また、たるみは皮下脂肪の重みによっても生じます。そのため、目の下から皮下脂肪を除去するという治療も、たるみ取りには効果的とされています。そしてもうひとつの方法が、ヒアルロン酸やアクアミドジェルを注入することで、垂れ下がった皮膚や皮下脂肪を押し上げるというものです。これらがリフトアップされることで、やはりたるみ取りの効果が出てくるのです。いずれの治療も、若々しい目元にしていくことができるため、人気があります。

傷跡を残さないように

皮膚を切り取る治療は、多くの場合は目の下のラインに沿っておこなわれます。目の横幅に合わせて、弓状に切り取ってから縫合するのです。したがって傷跡は、目の下のラインと同化するため、目立ちません。一方皮下脂肪の除去は、下まぶたを裏返し、そこにレーザーなどで穴をあけることでおこなわれます。下まぶたの裏側ですし、穴もごく小さなものなので、やはり傷跡が目立つことはありません。そしてヒアルロン酸やアクアミドジェルの注入に関しては、細い注射針が使われるので、そもそも傷自体がつきません。注射針を挿入した箇所に、一時的に内出血が生じることがありますが、数日程度で目立ちにくくなります。このようにいずれのたるみ取りも、傷跡が残らないため安心して受けることができるのです。