最新式の施術方法|目の下のたるみ取りで若さが蘇る

ウーマン

夏の終わりのスキンケア

女性

リセットケアで予防

夏の終わりはお肌が一番ダメージを受け、しわが出来やすい季節です。夏の終わりのしわの原因は紫外線による肌の乾燥によるものです。こうなってしまう前に、夏の終わりから始めるスキンケアで肌のダメージをリセットさせましょう。しわになってしまう一番の原因は乾燥です。なので、スキンケアは保湿を重点的に行いましょう。ヒアルロン酸などの高保湿成分が含まれた化粧水を肌にたっぷりとなじませましょう。また、同時にビタミンC誘導体などが含まれていると、肌再生を促し、ターンオーバーを正常にさせ、シミやくすみも取り除いてくれます。このような、保湿ケアをしっかりと行うことで、夏に受けた肌ダメージは回復させることができます。しわになってしまう前に、リセットケアで予防しましょう。

肌荒れしやすい人の特徴

夏の肌ダメージの一番の原因は先ほども述べたように紫外線による肌の乾燥です。肌が乾燥すると肌表面のバリア機能が破壊され、さらに、光老化と言うコラーゲンを作る肌の奥深くの細胞が破壊される現象が起き、水分を保つ働きが弱くなってしまい、しわになりやすくなってしまいます。これらは特に、紫外線を浴びると肌が赤くなる人に起こりやすい特徴があるため、そのような体質の方は特に気を付けましょう。さらに、夏はエアコンに効いた屋内で冷たい食べ物や飲み物を飲んだりすることも多く、身体が冷えがちになります。すると、血流が悪くなり、肌のターンオーバーが正常に働きにくくなり、肌荒れやごわつきの原因にもなります。ごわついた肌は弾性がなくなっているため、これもしわの原因の一つとなります。このようなことから、夏の終わりの肌はとてもダメージを受けて弱っています。しっかりとケアをしてしわや肌荒れの無い肌をキープしましょう。
ただし、セルフケアで肌荒れが改善されない場合には、美容クリニックに行って相談してみるという手もあります。肌荒れに関する様々な治療法を提案してくれるので、自分に合った施術を受けてみるのもおすすめです。